2015年06月12日

横浜の絵葉書屋  上田写真版合資会社

横浜絵葉書の先駆者と言えるのが、上田写真版合資会社の上田義三です。
山下町のアーレンス商会を経て、谷戸坂にコロタイプ印刷所を開業します。当初の名称は、横浜写真版印刷所で、明治期の終わり頃、社名変更しています。
トンボヤ同様、現在残されている手彩色絵葉書の多くを占めています。
ところで、次回トンボヤさんを取り上げますが、羽休めとして、前回の星野屋、横浜写真版印刷所、トンボヤのコラボで、横浜開港五十年祭を巡ります。
その前に、上田写真版合資会社の絵葉書と宛名面のバリエーションを見てみましょう。





横浜写真版印刷所製 本町通は、銀行、貿易会社など商業の中心でした。
img571.jpg








通りの名前は、洲干弁天社から取られています。町のシンボルが河北時計店の時計台です。
img563.jpg










右手が賑座、左手が喜楽座。賑町通りとも呼ばれ、芝居見物のお客さんで賑います。
img566.jpg









左手の生糸検査所の奥に見える塔は、開港五十年を記念して大正6年に完成した開港記念横浜会館です。
関東大震災で焼失しますが、昭和2年に再建されます。
img568.jpg







宛名面のバリエーションは、参考程度に考えて頂ければと思います。


img574.jpg








img578.jpg









img581.jpg








img562.jpg









img565.jpg









img570.jpg








posted by たまよちゃん at 02:40| Comment(0) | 横浜写真の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。